スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は

春が来た~春がきた~
春めいてきましたねぇ
なんだかウキウキ

しばらくブログから遠ざかってましたがみなさんお元気ですか~?
と言ってもインフルにかかってた訳ではないでよ(結局パパの実家にはお泊りに行ったけどぉぉ

春が来たら+日頃のストレス(←前回の記事@「怒ってます」参照(笑))で買い物熱がぁ

と言ってもFuzzyの買い物は通販が主です。
買い物に行きたいのよぉぉ、本当は
でもSouがいてはオチオチ買い物もしてられないの
走る走るデパート内をとにかく走る
ゆっくり洋服や雑貨なんか見てられません。

ということで、ブログをサボっていた間(すんません)通販カタログをめくるめくる何度もめくる

今回購入した子供達の洋服がコレ↓
cloths

Tシャツ(F.O.KIDS)はSouとCocoでおそろい
兄弟ができるとおそろいが欲しくなる
Souも「Cocoちゃんと一緒がいい」というのでますます熱が入っちゃうわ
通販でうれしいのは、このサイズ違いのおそろいが手に入りやすいこと。
これはますます止めれません

こんなおそろいも(3can4on)
おそろい


そして今回のお買い物の中で特にお気に入りなのがコレ↓
bag

かわいくないですか~
Souのならし通園バッグにと思って購入したカタツムリ君バッグ(Bitz)
Souも一目見て「これで小学校に行く」(なぜして小学校)と張り切ってます

そしてCocoは初スカートはきました
skart

Sou一人の時はスカートなんてはかせたことなかったので(もちろんだけど)なんだかドキドキしました

以前ごまさんのブログでも書かれてましたが、みなさんはお気に入りの洋服メーカーってありますか(@@)?
Fuzzyが好きなメーカーは
F.O.KIDS、アンナニコラ、Bits,3can4on, Hushush, dogdept、フェリシモ,ベルメゾンetc......
dogdeptは家族でお気に入り。家族みんなでお揃いにして愛用してます
フェリシモはこれからSouとCocoやママとCocoでのお揃いを揃えるのに活躍しそうです

まだまだ止まらない物欲
次はFuzzyの洋服も、雑貨も、ガーデニング用品も
恐るべし春とストレス

ところで「春」ということで、Souもならし保育ですが卒業しました
  卒業


一人一人卒業証書(↑チョッピリFuzzyが写ってるわ)をもらい、親から一言の場面にはちょっとウッときてしまいました
今回のならし保育、実は悩みに悩んで決めたことだったの。
妊娠していたので、産前産後続けられるかどうかが心配だったのです。
でも蓋を開けてみたら、欠席はたった一回(それはお母さんといっしょの出演で出産関係じゃなかったんかいと突っ込みたいよね(笑)))
もちろん家族の協力があったからできたことだけど、「がんばったな~、私」って自分のことでウッとしてしまいました(笑)普通子供の成長のことで涙なのにね
今年度からは、一人でならし保育に通うSou(かたつむりバッグ君とね)ますます成長するんだろうなぁ
楽しみな分ちょっと寂しいです

春は色々ありますね~。

そして最後にもう一つ。
Pさんから素敵なプレゼントが届きました
りんご

なんとりんごが丸々一個入っているのよ~
アップルパイ好きのFuzzyにはヒット~
チンで暖めてクロテッドクリームをたっぷりつけて頂きました
美味~
ぺロッと食べてしまい、写真を撮るのを忘れました
箱のみの映像ですみません。
食いしん坊のFuzzyを許してぇ。
Pさん本当にありがとうございました

それではみなさん素敵な春をお過ごしくださいねぇ

ではでは
スポンサーサイト

theme : 英語de子育て
genre : 育児

怒ってます

今日は

今日は本当はカレンおばちゃんPart3を書こうと思ったのにぃぃぃ.......
Fuzzy怒ってます
どうにもこうにもおさまらないので書かせていただきます
それはパパのこと。

パパは本当に優しくて子煩悩でFuzzyには勿体無い人です。
Fuzzyのわがままに付き合っているパパを見ると、時々「他の優しいひと(女性)と結婚したらもっと幸せになるだろうに。」と申し訳なく思う事もあります。
そんなパパですが、どうしてもFuzzyが譲れないところがある
それは親に対する態度です。
「親」
今、子供を持つである自分が親に対する有り難さはヒシヒシと感じています。感謝もしています。
でも、パパはそれは自分の家族を犠牲にしてまでもなんです!
というのも..............

Cocoが生まれてからSouのならし保育の時に毎回ではないのですが義母が手伝いに来てくれてました。
Fuzzy自身、本当に助かりましたし、本当に感謝しています
先日、パパ実家に泊まりに行った時、

パパ「今週は仕事になっちゃったからならし保育の日は来れないって。」と言われました。
Fuzzy「でも、もう今週でならし保育終わりって知ってるの?次の週はないよ。」
パパ「ちゃんと伝えたよ。でももしならし保育が終わっても、ママが大変なら手伝いに来てもらえば。」
Fuzzy「そうだねぇ。」
とFuzzyの記憶はここまで。

それが今日
パパ「今週ばあちゃん来る時に...........」
Fuzzy「えぇぇぇ何のことぉぉ私聞いてないよ!もうお友達と遊ぶ約束しちゃったよ
パパ「ちゃんと言いました!」
Fuzzy「言ってません
............................................としばらく言い合い、じゃ、どうする?という事になりました
「じゃ、どうする?」と言う割には「お友達とはいつでも遊べるんだから断れ。」と威圧するパパ
でも先週末もパパの実家にお泊りしたし、今週末もお泊りに行くのだからいいじゃん。と主張するFuzzy

実際どちらが悪いかというと、その日はドタバタしていたので、お風呂だ~、ご飯だ~、寝かしつけだ~と忙しくFuzzyも聞いていなかったのかもしれない。しかしパパも酔っ払っていたので怪しい

結局義母に電話することになった(もちろんパパが
パパ「あ、もしもし。今週来るんでしょ?.........あ、そうなんだ....」

どうやら義母は「仕事になってしまって来れなくなった」らしい

...............今までの「じゃ、どうする?」のやりとりはなんだったんだ

いつも思うが、パパはとても義母に(もちろん義父にも)気を使っている。が、義母はパパが思うほどなんとも思ってない、とてもあっさりした人だと思う。

が、ここでまた新たな問題発言が

パパ「それでね、じぃちゃんがインフルエンザになったんだって。」

な、なにーーーーーーーーーーインフルエンザだってーーーーー(Fuzzy心の叫び)

Fuzzy「じゃ、帰れないよ。SouやCocoに移ったら嫌だからね
パパ「治ったから、もう大丈夫だよ。」
Fuzzy「治ったって潜伏期間があるじゃない。それにSouの時の事忘れちゃったの私はCocoにも同じ思いをさせるのは嫌だよ
パパ「じゃ、後で考えよう。」

って、自分の子供の事なのに、親が絡むとすぐに止めようと言えないパパ。
Souの時の事というのは、Souが8ヶ月の時にパパが持ってきたインフルウィルスでインフルエンザにかかった事。
初めての発熱がインフルだったので、そりゃ辛そうで辛そうで
「かわいそうに、辛いよね~」って二人で泣きながら看病したじゃない
忘れちゃったの、パパっ
私はCocoにも同じようになって欲しくないよぉ

親が大切で親に孫を会わせたい気持ちは分かるけど、もう少し家族の事も考えて欲しいな普段はとっても良いパパなんだからさぁ

なんだか書き終わる頃には気持ちがすっきりしました
今週末はどうなることやら.......
たぶんお泊りに行っていると思います
どうぞSouとCocoにインフルエンザが移らないように祈っててください 

ではでは

















theme : 育児日記
genre : 育児

そう思われがち?!

今日は

Souが通っているECCでちょっとしたトラブルが起きました

記憶に残っている方もいられるかと思いますが、当初Souはマンツーマンでレッスンを受けていました。
Souのクラスは午前中、午後は幼稚園組の女の子3人でのレッスンでした。
が、午後の幼稚園組がどうしても遊んでしまうらしく、Souのクラスを午後一にずらして幼稚園組から一人移動させたいと、先生から申し出がありました。

こちらは教えてもらっている身ですし、普通の英会話教室では時間が決められていて、それが参加できなければアウト。それがこんなに融通を利かせてもらっているのですから、もちろんO.K.しました

レッスン中にドタバタ走る音や一緒になったAちゃんのグズグズの声は聞こえるもののSouはお友達ができて楽しそうに通っている様子

しかしここ最近、そのAちゃんがいつもいつも泣いてるの
レッスン中保護者は入らないのですが、おばあちゃんがいないとダメな状態
先生に「Souが何かやってるんですか?」と何度も聞いたのですが、「SouはAちゃんをかまいたくてしかたないみたい。けど叩いたり痛いことは何もしてないですよ。それに英語ではSouがAちゃんのことをひっぱってってくれるんですよ。」
と言うことでした。
「じゃ、いいのかな~」と思っていた数日後、先生から電話がありました

「Aちゃんが泣いてる理由をおばあちゃんに聞いたら、SouがいつもくっついてくるかららしいんですでもAちゃんもちょっとしたことですぐピーピー泣くんですよ」と言うことでした。
電話を切り、すぐにSouにその話をすると.....................

「Aちゃんが好きだからくっついてるの。どうしてAちゃんはくっつかれるのが嫌いなの?」と聞かれました。
確かに我が家ではFuzzyもパパも暇さえあれば、SouやCocoにくっついていますその影響かSouも好きな子(男女問わず)にはしつこくくっついたり、手をつなぎたがることがあります。またそれが本当にしつこいそのAちゃんの気持ちも分かる

「Aちゃんが好きでくっつきたいのは分かったでも好き嫌いは人それぞれだから、Aちゃんはむぎゅーされるのが嫌いなんじゃないの?それにSouちゃんも悪いところあるよ。ECCは楽しく英語をするところだけど、遊ぶところではないんだよ。くっついてる場合じゃないでしょ(笑)ちゃんと先生の言うこと聞かないといけないのよ。」
「ぷ~ん、もうAちゃんなんて嫌いECC行かない」と言い出したので
「行かなくてもいいけど、そしたらSouちゃんの負けだよ(←負けという言葉に弱い)」
「負け
「そうだよ、Souちゃんの負け。Aちゃんが嫌いでも結構。Aちゃんに負けない位、男なら頑張れ」と励ましました

そしてECCの日。
レッスンに送り、Aちゃんのおばあちゃんに
Fuzzy:「すみませんでしたAちゃんが嫌なのにしつこくくっついたりして........」
と謝ると
おばあちゃん:「いいの!いいの!!二人目ができると上は寂しいのどこのうちもそうなの

F心の叫び:(えそれってFuzzyがCocoが生まれてSouを構ってないから、SouがAちゃんにくっついてるっていうことなのぉぉぉ

Fuzzy:「あ、でもSouはAちゃんが好きだからくっついちゃってるみたいで......」
おばあちゃん:「叱らないであげてね」←人の話を聞いてない
Fuzzy:「叱ってはいません。ちゃんと話を聞いて話し合いました。」
更に「ママも(←Aちゃんママはシングルマザー)Souちゃんは赤ちゃんができて今構ってもらえなくてかわいそうなんだよ!ってAに話したんですけどねぇ。」とまた言われてしまった

なんだかFuzzyがCocoばかり構っててSouを全く構ってあげてないダメママみたいジャン
確かに二人目ができると上の子は寂しい思いをするので、それが原因なのかなぁ~と段々自身が無くなってきた
そういえば先生(も、シングルマザー)にもCocoが生まれた時「Souが寂しくて構って欲しいみたい」って言われたな~。
Fuzzy自身今までがんばってきたんだけどな~
と自信喪失..............................................

レッスンが終わりSouに聞いてみました。
Fuzzy:「Souちゃんさ~、Cocoが生まれて寂しいと思ったことある?寂しいからAちゃんにくっついてるの?」
Sou:「どうしてそんなこと聞くの?」とキョトンとした顔で言われました。
Fuzzy:「実はさ~(と、Aちゃんのおばあちゃんに言われたことを正直に伝え)だからSouちゃん寂しいのか心配になっちゃったの
Sou:「ううん、違うよ。SouはAちゃんが好きだからくっついてたの。Cocoちゃんが生まれて寂しくないよ。Cocoちゃん大好きだよ。」
Fuzzy:「そっかぁ、良かったぁぁぁそうだよね、みんなでいると楽しいモンねっ

と、さっきまでのブルーは一気にぶっ飛びました~←単純
今はおばあちゃんや先生に言われた事を綺麗サッパリなんとも思ってません
他人がどう思おうが、我が家は円満なんだからそれでよしなのさっ
でも二人目ができると、そう思われがちなのかな~そういう経験された方いらっしゃいます(@@)?

ところでその日のECCですが.....................
聞いて聞いて~
レッスンが終了し、先生に「今日のSouはどうでしたか(@@)?」
とドキドキしながら聞くと、
「今日はくっつく回数が減ったの。それがねAちゃんに「SouはいつになったらAちゃんにくっついていいの?」って聞いたのよ!それでAちゃんは「少しならいいよ。」って言ったのよ。」って。

我が子ながらもその対処方法にびっくりしました
「Aちゃんきら~い」と言ってたので、実際どうなるのかと不安でしたが
「SouはいつになったらAちゃんにくっついていいの?」と言うとは、なるほどです
Fuzzyは「男ならがんばれ」とかあおることしか言ってないのに(←これこそダメママだぁ)自分の子供ながら円満に治める天晴れな対処方法だと思いました
それにAちゃんも「ちょっとだけなら」なんて
子供は子供なりに子供同士で立派に解決できるものなんですね

最後に「親ばか」すみませんでした(笑)

ではでは











theme : 英語de子育て
genre : 育児

3月3日

今日は突風

もう過ぎてしまいましたが、みなさんお雛祭りはどのようにお過ごしでしたか?
Cocoが産まれて我が家にもお雛様がやってきました~

おひなさま

↑コレ

このお雛様、すっごく気に入ってます
というのも運命的な出会いだったので...................

ある日、家族でお雛様を探しに出かけました。
お雛様を選ぶ上で決めていたことは
1.玄関に飾れるサイズであること(→家族だけではなく、お客様にも見て頂くためと子供達にいたずらされない為)
2.親王飾りであること。
3.現代雛であること。

でも実際見てみると、どれにしていいのかさっぱり分からなくなってきました
現代雛もいいけど、やはり昔からの物もいい
それに現代雛のお顔は描かれている物が多く、昔からの物とは違って目の玉が入ってないそうなのだ。
なんだか、目の玉が入ってないっていうと魂が宿らないというか(宿られても困るけど)なんだか「う~ん」という感じがしたので、「目の玉」が入っている物にしよう。と思いました。

そしてグルグルグルグルまわり続けること数時間。
パパがある店員さんに何か質問をしていたのですが、
「えっ」と何度も聞き直し、ちょっとキレ気味のパパの声が。
行ってみると、その店員さんは本当に声が小さくて何言ってるか聞き取れないのそれに接客もあまり上手じゃなくて、どうしてここで働いているのだろうという感じでした。
でもその方は他にもたくさんお客様がいるのに、何故か私達の後ろにそっとついてきてくれてました

ちょっと気になるお雛様があると質問をしたり..........
するとパパがあっちに気になるお雛様があると言い出したのです(我が家で購入したアレ↑
パパが言うには「これは現代雛の顔をしているけど、ちゃんと目の玉入っているし、サイズもピッタリ。」というのです。
見てみるとフムフム。確かに可愛らしいお顔
ふと見ると「女流作家 喜久絵作」と書いてありました。
「喜久絵?」と思ったFuzzyはそのモジモジ店員に
「この喜久絵さんって有名なんですか(@@)?」と聞いてみました。
するとそのモジモジ店員が更にモジモジしてる
その瞬間「ん?」
その店員さんの名札に「中田喜久絵って書いてある~写真もこの人だ~
ほ、本人でした........
ご本人に「この人有名なの?」と聞いちゃったFuzzyって~ププププーーーーーーッ
穴があったら入りたい

喜久絵さんは私達が色々なお雛様を見ている間、決して自分の作品を薦めたりもせず、私達に付き添っててくれました。
この出会いを大切にし、パパもFuzzyも「コレにしましょう」と一つ返事
本当に喜久絵さんともお雛様とも運命的な出会いを感じました。
Cocoが嫁入り道具に持っていける位の気持ちで、大切に大切にしていきたいと思ってます

さてさてひな祭りの日に我が家が「おかあさんといっしょスペシャルコンサート」に行ってきました。
Cocoちゃん初コンサート

メインステージの他にサイドにステージがあり、座席がそのまん前と好位置。
お兄さんお姉さんがかわるがわる来て歌ってくれました

Souが一番興奮したのが、生で「やるきまんマンとウーマン」を観れたことのようです。Souだけではなく周りの子達(特に男の子)は釘付けでしたよ~

でもFuzzyが一番釘付けだったのは、前の座席に座っていた方(@@)
なんとファミリーコンサートなのに一人で来てて、しかも「○×命」みたいなプラカード(っていうの?)を高らかとかかげてる
Fuzzyはもうそれがなんて書いてあるのか見たくて見たくて(笑)
結局最後まで見れなかったけどその方の目の動き、興奮度を見る限りでは「よしお兄さん」のファンだと思われます

踊りもすごいの、完璧
最後の体操なんて本当に凄かった
「シャキーン、パワワップ」と始まったら、本当に手がまっすぐ伸びて「シャキーン」なのよぉ

いや~色んな方がいらっしゃるんだな~とコンサート中Fuzzyとパパは釘付けでした
弘道お兄さんがいた頃はこういう方がたくさんいたのかしらね~
いいものを見せて頂きました

楽しい雛祭りでした


ではでは

theme : 育児日記
genre : 育児

Karen i s coming to my home Part2.

今日は

プレゼント企画が入ってしまったので、なんだかお久しぶりです

前回のPart1で「カレンおばちゃんとは一体誰?」と皆さん思いましたよねぇ
あははは、失礼しました

遠い昔Fuzzyが10代だったかな?20代だったかな?英語は好きだけど全く話せなかった頃、教会での無料英会話教室を見つけ通い始めました
その先生がKarenだったというわけ
同い年だったし(アメリカでは学年は一つ下)英会話教室はあまり生徒数がいなく、マンツーマン状態だったので自然と仲良しになり、英会話教室だけでなく日本国内色々な所に旅行に行ったりしました
Fuzzyの結婚式の数ヶ月前まで、Karenのアパート(アメリカの)に数ヶ月逃げ込んでいたこともありました(笑)
そしてKarenがSouの誕生日やクリスマスに「Auntie Karen」でプレゼントを贈ってきてくれるので、カレンおばちゃんとなったわけです
という訳で、カレンおばちゃんはお年寄りではないんですよ

続き.........

その日の夜、節分が近かったので(←かなり前の話だわ)「まめまき」をしようという事になりました
もちろんkarenは初体験
実はSouも初体験
青鬼のお面を作ってかなりやる気満々
でも家の中に豆をまかれるのは嫌だったので、庭に青鬼登場(←パパ
Souはこの日のために「鬼は~そと、福は~うち」を覚え、青鬼めがけて投げる投げる
3人から集中攻撃されるパパ
豆が無くなってしまうと、もっと投げたい~を連発していました。
初体験のKarenにSouちゃんからサプライズプレゼント

↑コレ
(Karenは日本語は少し読めます勉強中です。)

Karenは大豆が気に入り年の数だけでは足りず、
「年よりもたくさん食べたら早く年取っちゃうの(@@)?」と連発しながら、ポリポリ食べてました
Souはというと、大豆が嫌だったらしく食べた途端「ぺッーッ、ペッペッペッ」と吐き出してました

豆と言えば、karenは今中国で英語を教えているのですが、中国から面白い物を持ってきてくれました。
karen2

↑コレ

中国のスナックなのですが、その名も「Japanese bean」なぜして、Japanese bean
こんな豆は日本で見たことない
不思議だ~、中国
でもお味は甘くなく美味しかったですよ

その日の夕飯は、恵方巻きではなく「ピザ」(笑)
karen


Souはパパが作るピザが大好き
特にクリスピーな耳が好きみたい
パパに生地をクリスピーにする秘訣は?と聞いたら、薄く伸ばした生地にオリーブオイルを塗ることなんですって
良かったら試してみてくださいね

なんだかまた長くなりそうなので続く


ではでは

theme : 英語de子育て
genre : 育児

幼児英語教材・英語教材 

お家でオンライン英会話

中古幼児英語教材買取販売

お家でお買い物

02 | 2007/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Fuzzy

Author:Fuzzy
*家族構成*
FuzzyことMama, Papa, 長男Sou(9歳)長女CoCo(6歳)の4人家族。
愛犬Fuzzy(←本物、15歳♀)はSouアレルギーの為 只今実家で生活中(T0T)

Fuzzyはアルク「児童英語教師養成コース」修了の元児童英語講師です。
2008年小学校英語指導者の認定資格を取得


子供達が英語ペラペラになるまで(なるかな?--;)の道のりや日々の生活をのらりくらりと綴っていきます。

英語を通してももちろん、色々な方とたくさんお話できたらいいな(^-^)


**Fuzzy英語教室**
*mom and kids*~NEST~
マーク
市内サロンひなたぼっこにて開催中。

ブログランキング
ブログランキングに参加中。 応援ポチッお願いしまぁすb(^-^)d

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
今 何時かな?
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
メールはこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。